まちでん制作日誌

町田電子木工の制作日誌。制作過程や新作、日々の出来事など。
<< どんぐり拾い@町田 | main | 竹細工用コテ先 6mmオーダー >>
ハンダゴテ(10弌砲涼傭覆旅融
0

    町田電子木工の一番の売れ筋「竹細工用こて先」、中でも10mmのこて先は、いくつも作っていく中でお客さまとやりとりをして分かったことがありました。たくさんのご協力に感謝します。

    ということで商品ページも若干変更をしましたが、こちらでも補足説明をいたします。

     

    10mmのこて先とハンダゴテの接続部分は、ハンダゴテの種類によって違いがあります。

    町田電子木工では今後以下の二つのハンダゴテに対応した竹細工用こて先に絞って販売することにしました。

     

    SURE 電気ハンダゴテ丸型100W SB-100R  (ネットで2300円程度)

    HAKKO JUNIOR JI 100V 100W (ネットで1400円程度)

     

    注文時にどちらのハンダゴテ対応かを選んで注文していただく形になっています(ハンダゴテ本体は販売していません)。

     

    どうしても他のハンダゴテに対応したものが必要な方はご相談ください。ハンダゴテ本体を送っていただき、それに合わせたものを作製いたします(送料はお客さま負担でお願いします)。

    しかし普通はハンダゴテなど家にはありませんので、「これからハンダゴテ本体も購入する」という方がほとんどのようです。

    それで、どちらのハンダゴテを選択するかというと、大抵SUREの方を選ばれます。高い方ですね。

     

    安かろう悪かろうでは嫌だし、千円未満の差額ならば、、、という感じでしょうか。

    私でもそうするかもと思います。

     

    しかしHAKKOもきちんとしたメーカーですし、ほんとうのところどうなんだろう?と思いましたので比較してみました。

     

    まずはSURE(ネットの販売ページからひっぱってきました)。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------

    【SURE/シュアー】電気ハンダゴテ丸型100W/SB-100R (100W)

    特長:●小型軽量で、平形ヒーターを採用、大きな蓄熱部があり、小さなものから大きなものまで使用可能です。
    仕様:●電源(V):AC100●消費電力(W):100●最高温度(℃):460●付属コテ先:SB-100RT●全長(mm):290●電源コード:1.5m●平型ニクロムヒーター●丸型コテ先標準装備


     

    【SURE/シュアー】電気ハンダゴテ丸型100W/SB-100R (100W) スペック情報
    質量 250g
    原産国 日本
    メーカー名 (株)石崎電機製作所
    ブランド名称 SURE     
    カテゴリ名称 ハンダゴテ
    品番 SB-100R (100W)

    -------------------------------------------------------------------------------------

     

    そしてHAKKOです

    ------------------------------------------------------------------

    商品説明

    形状:平型プラグ●電源コード長さ:1.5m ●質量はコードを除いた質量です。原産国 中国質量 155gメーカー名白光(株)ブランド名白光       商品名白光 ハッコーJUNIOR JI 100V-100W 平型プラグ型式343メーカー希望小売価格【税抜】1500円(税抜)オレンジブック2016年

    特長●簡単な電気製品の修理から、銅・ステンレス製品の補修、板金まで幅広い用途に使用可能です。●熱伝導の良い大型銅コテ先を使用してます。用途仕様●全長(mm):280●電源(V):AC100●付属コテ先:343-T●最高温度(℃):605●消費電力(W):100

    ----------------------------------------------------------------------

     

    100V 100Wは同じです。

    最高温度はSURE 460℃に対してHAKKO 605℃。これは竹細工的にはどうなのでしょう?聞くところによると「スピードコントローラー(スピコン)」というものを使用して熱量を調節するとか。

    SUREは原産国日本。HAKKOは中国です。気にする方には大きな違いでしょうか。

    重さはSUREの方が重いとありますが、「付属のこて先を取って、コードを入れずに」計ってみると

     

    SUREが83グラム

     

    HAKKO 104グラム

     

    と、逆にHAKKOの方が重いことがわかります。

    付属のこて先がSUREの方が重いので、付属のこて先を取ってしまうとこのようなことになります。

     

    さて、その付属のこて先ですが、

    HAKKOは「熱伝導の良い大型銅コテ先を使用してます。」とあります。

    SUREはこちらには書いていませんが、調べてみましたら「鉄メッキ」になっているそうです。「何に鉄メッキか」は分かりませんでした。銅かなあ?と思いますがわかりません。

     

     

    付属のこて先を外した写真です。左SUREは銀色(鉄メッキ)で右HAKKOのが銅色です。

    ちなみにこの付属のこて先を外したところに町田電子木工の竹細工用こて先を差し込んで使用するのですが、それは銅製です。

     

    「竹細工用こて先を使用するためのハンダゴテ」という観点で見ますと、この付属のこて先は外してしまうものですので関係ありません。ですので、というか、だからこそ、この「鉄メッキ」がどの程度価格に反映されているのかは気になるところです。

     

    実際に使用したら、、、というのを書きたいところですが、町田電子木工は竹細工をやったことがないので分かりません。せっかく両方のハンダゴテを持っているのに残念なことです。

     

    結局「ほんとうのところどうなんだろう?」という疑問に明快な答えは出ませんでしたが、これからハンダゴテ本体を購入されるかたの参考になれば幸いです。

    何か記述の中に間違いや思い込みがありましたらコメント欄からでもご指摘いただけたら嬉しいです。また実際に竹細工用として使用されている方の検証などもありましたらぜひお願いします。

     

    ーーーーーーーーーーーー

    (え)

    | 町田電子木工 | 日記 | 10:26 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 10:26 | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE